新型ベンツMクラスの疑問点などについてまとめました。

新型ベンツMクラス 購入前のよくある質問と回答
新車を40万円安くするノウハウ
新型ベンツMクラス
新型ベンツMクラスレビュー

生まれ変わった品格高いMクラス

今回のフルモデルチェンジにより、Mクラスはさらに進化を遂げた。 洗練されたボディに快適性を高めたインテリア、そしてパワフルでありながら環境性にも長けている。

価格 人気グレード 値引き額の目安
750万円〜1490万円 ML 350 4MATIC BlueEFFICIENCY 4万円
エコカー減税 燃費
75%  293,300円 カタログ燃費:10.4km/L、実燃費:7.01km/L

 

質問値引き額は?

値引き額は、4万円ほどです。こちらのサービスを利用して支払額を減らしましょう。

質問エアロ対応はどうですか?

AMG装備でフロントバンパー、グリル、フロントスポイラー、ホイール、アンダーガード、サイドスカートリアスカート、サイドエンブレム、ヘッドライトユニット、エグゾーストエンドがあります。

質問価格はどれくらいですか?

750万円〜1490万円が目安となります。

質問パワフルかつ燃費性能の両立の秘訣は?

最新の直噴システムを採用したからです。これにより高出力で低燃費、Co2の削減まで実現させました。燃費性能は10.4km/Lです。

質問減税等の対象になりますか?

エコカー減税の対象車で、75%免除されます。減税額は約29万円でしょう。

質問シートの特徴は?

ダブルフォールディング機能でしょう。シートを乗車数に応じて柔軟に対応させることができます。これにより、2名乗車時でもフルフラットな空間を演出してくれます。また、後部座席のリクライニングは9段階に変えることができ、お好みの角度に倒すことができます。

質問ガセットはどうですか?

ラゲッジルーム内の荷物が乗員席に入ってしまうのを防ぐセーフティネットなどの配備など、細やかな配慮がなされています。

質問安全面の強みは?

インテリジェントライトシステムにあります。ヘッドライトが5つのモードに切り替えることができます。天候や時間帯、その時々の走行条件にオートマチックで適応してくれます。これにより、ドライバーの視界を快適にします。

質問右ハンドルじゃないと心配です・・・

今回のフルモデルチェンジで右ハンドルにも対応になりました。

質問エクステリアの特徴は?

ダイナミックなヘッドライトでしょう。主張しすぎず、大人の上品さを感じることができます。

質問 ディーゼル・エンジンの車を利用したことがありません。騒音が気になります。

新型Mクラスは比較的騒音が気になりません。そのため、街でも気兼ねなく利用することができ、実用的であるといえます。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくして新型ベンツMクラスを安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけで新型ベンツMクラスのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

ズバット買取

>>簡単1分一括査定はこちら

↑車検証が手元にあると便利です

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよく新型ベンツMクラスに乗り換えられますしね。

新型ベンツMクラス  新型ベンツMクラス 新型ベンツMクラス

フルモデルチェンジでMクラスは大きく生まれ変わった。
環境配慮と発揮するパワフルな走り。この2つを両立させることに成功したMモデルは、ベンツの次世代をリードする。 パワフルな走りを表現するスポーティなボディも注目したい。ダイナミックさを追求したスタイリッシュなボディは、Mクラスのパフォーマンスを最大限に発揮する。

ボディに加えてインテリアも細部まで洗練されており、乗る人に快適な時間を提供する。乗車数や荷物の形状に合わせてフレキシブルに利用できるラゲッジやシートは、様々なシーンに対応することができる。趣味の追及はもちろん、ファミリーでの利用にも最適である。

エコカー減税適応車であり、これも嬉しい。そして、今回のフルモデルチェンジで日本のドライバーにもう1つ嬉しいのが、右ハンドル対応だ。今まで、左ハンドルだからとMクラスを諦めていたドライバーの購買意欲をグッと上げるだろう。 Mクラスはとてもバランスが取れている上に、上品である。洗練されたこのモデルは、多くのドライバーの注目の的となるだろう。

新車を40万円安くするノウハウ